星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

菊花賞2 2018

ちょっと明日のOP室町Sが混戦すぎてはばかられるのでw
枠順発表した菊花賞の整理をしておく


1.過去に芝2200以上の重賞で1着かつ皐月賞かダービーで3着以内(5-2-0)
ジェネラーレウーノ(セントライト1着、皐月賞3着)

2.同年に古馬混合1000万以上の芝2000以上で3着以内(1-2-5)
ブラストワンピース(新潟記念1着)
ユーキャンスマイル(阿賀野川特別1着)
カフジバンガード(能勢特別1着)
アフリカンゴールド(兵庫特別1着)
グロンディオーズ(信濃川特別1着)
シャルドネゴールド(レインボーS2着、シンガポール1着)
グローリーヴェイズ(佐渡S1着)

3.同年にOPクラスの芝2200以上で連対(OP特別は1着)(1-4-2)
エポカドーロ(ダービー2着)
エタリオウ(神戸新聞杯2着)
ステイフーリッシュ(京都新聞杯1着)

4.神戸新聞杯で3着以内(2-1-1)
メイショウテッコン(3着0.1秒差、京都白百合S1着)

5.過去に古馬混合の1000万以上の芝1800以上で1着(1-0-1)

6.過去にOPクラスの京都芝1600以上で連対(0-1-1)
グレイル(京都2歳1着)
タイムフライヤー(京都2歳2着)



1枠1番 アイトーン 国分恭
キングズベストにスペシャルウィーク
Mr. Prospector:3x4、Northern Dancer:5・4x6、Graustark=His Majesty:6x5、Buckpasser:6・5
粘着系にスタミナ系の雰囲気でパワーも一応ありそうだが、スピード薄くためても仕方ないので先行系。
展開の助けがほしい。

1枠2番 グレイル 岩田
ハーツにロックオブジブラルタル
Northern Dancer:5x5・5、Hail to Reason:4x6、Busanda:6x7
多少パワーよりな印象もあるがまずまず。Rainbow Questが母母父だから距離は問題ないだろう。
ハーツにキレという感じでこの手のは成長しても頭まで届かないことが多く、、
セントライトは後方から。二の足はまだつかない。直線は内をさばいて3着へ。

2枠3番 ブラストワンピース 池添
ハービンジャーにキンカメ
母がトライマイベスト=El Gran Senorの4x5、His Majesty=Graustarkの5x5、Nijinsky:6x7、Northern Dancer:5・7・6・5x6・6・5、Le Fabuleux:6x5
爆発力はある配合で中距離の差し馬パターンか。直線は長いほうがいい。
新潟記念は後方スタート。直線で馬群の一番外に出して徐々に加速、完勝。

2枠4番 ジェネラーレウーノ 田辺
スクリーンヒーローにロックオブジブラルタル
Ameriflora=デインヒルの3x3、
Storm Cat、Alydar、Nijinsky、Herbager(FR)
スタミナがないわけではないが、小回り中距離くらいが主戦場のようには思えるがうまくいけば
セントライトはタニノフランケルの離れた番手で折り合う。4コーナー手前から早め進出して抜け出し勝利。

3枠5番 エポカドーロ 戸崎
オルフェーヴルにフォーティナイナー
Northern Dancer:6・5x4、Nasrullah:7・7x6・6、Princequillo:7・7
三石の小牧場期待の1頭。3代母チカノヴァを輸入してたどり着いたG1馬。
ステイゴールドにミスプロはあまり成功しないが、オルフェーヴルにフォーティナイナーでTom Rolfeがあるのでまずまず
母のダイワパッションはフィリーズレビュー馬でスプリントだから、本馬はキタサンのような中距離先行馬と見るのが自然か。
本命にはしにくいが、、母母父のシエイデイハイツは菊花賞馬のヒシミラクルの母父、馬体を除けば大丈夫か。
神戸新聞杯は躓いて出遅れ。その後も微妙な立ち回りとなって4着まで。

3枠6番 メイショウテッコン 松山
マンハッタンカフェにLemon Drop Kid
Hail to Reason:4x7、Boldnesian:5x6、Princequillo:7x6、Mr. Prospector:4・5、Round Table5・7、Thong=Moccasinの7・6・5、SpecialとThatchの6・5、Helioscope
中距離系。特に逃げ必須でもなさそうだ。母系を米系で固めて先行馬に出た。
神戸新聞杯はテンション高くタイムフライヤーと接触。ハナに立ってからは折り合ってラスト粘って3着。

4枠7番 ユーキャンスマイル 武豊
キンカメにダンス
Nijinsky:6x4、Raise a Native:4x6、Graustark:6x6、Northern Dancer:5・5・7x5、Mixed Marriage:6・6
Sharpo、Known Fact。なんでしょうねえ、中距離の先行馬ですかね。
阿賀野川特別は中団から。ややズブかったがラスト捉えて勝利。

4枠8番 カフジバンガード 幸
ハービンジャーにサンデー
Hail to Reason:4x7、Ribot:6x6
祖母がダジルミージョリエ、粘着の方向だしこれもさすがに
能勢特別は2番手追走。ラストは持ったまま迫ってまだ余力はある。

5枠9番 エタリオウ Mデム
ステイゴールドにCactus Ridge
Northern Dancer:5x6・7・6、Turn-to:5x6・6、
母父Cactus Ridgeはヘネシー産駒でヨハネスブルグぽい。
母母父がBroad Brushで産駒はダートのノボトゥルーやブロードアピールが有名、3代母の父はPrivate Account
菊花で連対を見るのはどうもイメージが合わない。人気だから△かどうか、、
神戸新聞杯は最後方から。エンジンの掛かりは遅いが上がり1位で伸びて2着。

5枠10番 アフリカンゴールド 松若
ステイゴールドにGone West
Northern Dancer:5x5、Nasrullah:6x6・6
米3:仏1みたいな配合だからバランスはよさそう。祖母は米芝で活躍したDanish、3代母の父はSassafras(FR)で凱旋門賞馬
京都長距離は走れるはずだし、後はこの配合でどこまで力があるか。△固定がいいかな。
兵庫特別は2番手につけて折り合いスムーズ。楽に勝ち上がる。ここでも通用する力はありそう。中2週がどう影響するか。

6枠11番 コズミックフォース 浜中
キンカメにネオユニ
Mr. Prospector:3x5、Northern Dancer:5・5・7x6・6、Mill Reef=Secretariatの5x5
キンカメなので多少距離が長いが配合は悪くはない。
セントライトは直線ややモタれて7着へ。

6枠12番 フィエールマン ルメール
ディープにGreen Tune
Northern Dancer:5x5・6
Green TuneにNoir et Or、Luthier(FR)とわりと地味めの牝系。
時計がかかるほうがよく京都では?
福島ラジオNIKKEIは出遅れ。外を回る形になったが追い上げて2着。
Princely Giftが入って適正はあるかもしれないか??

7枠13番 タイムフライヤー 和田
ハーツにブライアンズタイム
Hail to Reason:4x4、Lyphard:4x4、Roman:6・6、Princequillo:6・7
悪くはないのだが、やっぱりダート方向なのだろうか。
神戸新聞杯はスタンド前で他馬と接触。内へ潜り込んだが力んでいてラスト伸びず。

7枠14番 グロンディオーズ モレイラ
ルーラーシップにサンデー
Charlottesville:7x5、Hyperion:6x7・7
目黒記念馬ムスカテールの弟。Top VilleやRelianceの仏ダービー馬が入る母系。
スタミナ高めだが届きますかね?
信濃川特別はスタート一息だが軽く仕掛けて番手へ。ストライド大きくそのまま完勝。

7枠15番 オウケンムーン 北村宏
オウケンブルースリにエリシオ
Nureyev=Fairy Kingの4x3、Northern Dancer:5・6・5x4・4、
さすがに距離が厳しいような。2000以下かな
セントライトはゲート出遅れ最後方。ラスト上がり1位で迫って5着。
中山のほうがよさそうだが、体重が減っているのが気になる所。

8枠16番 ステイフーリッシュ 藤岡佑
ステイゴールドにキンカメ
Hail to Reason:4x5、Sanctus(FR):4x7、Northern Dancer:5x6・6
Silver HawkにChieftain、スピードと粘着系の感じで悪くはないが中山阪神の方が向いている。
神戸新聞杯は3番手。手応えは悪くはないが、ラストはキレ負けして5着。

8枠17番 シャルドネゴールド 藤岡康
ステイゴールドにLion Heart
Hail to Reason:4x5・7、Northern Dancer:5x6・5、Tourbillon(FR):7x7、
Lion HeartはStorm Cat系。母系の構成はまずまずに見えるがイマイチパンチがない。
中山レインボーSは中団後ろで足を貯める形。直線馬群に突っ込むもスローもあり捉えきれず2着。

8枠18番 グローリーヴェイズ 福永
ディープにスウェプト
Lyphard:4x5、Pocahontas:5x7、
母母父がメジロライアン、母母母が3冠馬メジロラモーヌ。スウェプトはサンデーとはニックスでこれも中距離先行馬。
配合は良さそうだし気にはなる所。
佐渡Sは仕上がっていた。中団ラチ沿いを進んでそのまま内を伸びて勝利。



過去のレースとかも見て検討したが、
軸になりそうだったのは、ワグネリアンとレイエンダw
しかしその2頭不在

血統的にはアフリカンゴールドなんだが、騎手は基本考慮しないとはいえ
馬もまだ若ければ騎手も若いでこれは不安だ
全体的に2000ベストっぽい馬多数で、血統からは軸を決めにくい。
キタサンブラックやサトノダイヤモンドみたいな馬がいれば即決なんですが不在

ダービーも混戦で力の差はあまりなかったものと見ていいでしょう
そうなるとそこからの成長がどうなったのかと展開重視だ。
とはいえトライアル組全滅は考えにくいので、トライアル組から軸をとる

○6メイショウテッコン
○9エタリオウ
▲4ジェネラーレウーノ
☆10アフリカンゴールド
△14グロンディオーズ
2グレイル
3ブラストワンピース
5エポカドーロ
16ステイフーリッシュ
ユーキャンスマイル
シャルドネゴールド

トライアル上位ならメイショウテッコンかエタリオウかジェネラーレウーノ
関東馬は不振だが、ジェネラーレウーノは栗東入厩で輸送減りの心配はない
上がり馬はアフリカンゴールドで多分いいと思うのだが
ステイヤー的なのはグロンディオーズなので
ここまでは印まわすかな

残りはもう少し検討

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM