星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。思い込みの雲の向こうに星空が見える。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

東京ダービー 2017 回顧

千葉で見つかった磁気変動かなんかを示す地層、チバニアンだったかな。
これをいざ学会に提出だかしようと思ったら既に商標登録とか色々されているようだ
また、ゲームプレイの動画をアップしてその収益をニンテンドと本人で分け合うみたい
なのがあるらしいが、ほっとくと知らない人から著作権侵害の申し立てを受けて
その収益を掠め取られるらしい

権利とか主張とか守るために法律やら制度やら整備してきたが、
整備するほど逆手にとるやつらがでてくる。
法律なんか作った分だけ犯罪者が増えるし、規制も作った分だけ抜け穴を利用するのがでる

結局のところ、先進国?になるにつれて、そういう社会管理費用がどんどん増えていくんだろう
会社で行ったら管理部門ばっかり肥大化してるようなもんで
そりゃ成長率なんか増えませんわね。
これが今の社会の真実の一つ。そんな気がする。


東京ダービー 2069
12.5-11.3-12.7-13.7-13.2-12.6-12.8-13.4-12.3-12.4
あまりレースについては書くことがない。

パドックで全馬の馬体を見た時、一番良かったのはヒガシ、つづいてシェア、キャプテン、キャンドル、ブラウン
今回は重賞だからか、15頭でも2周分放映が見れて、全馬の目も見たが一番やる気に見えたのはヒガシ、シェア。
ジョッキー騎乗でヒガシは多少うるさくなったが、もうあれは走りたいという風にしか見えず
返し馬も見たが全く問題なかった。

もうこれは単勝だと思ったらいつの間にか3.7倍に下がってたのでやめちゃったけどw
まあそれでもパドックでの見る目は自信がないから予定通りの所をメインに購入。

レースが始まって、道中ポッドは後退。ポッドはこの気温で嫌な予感の汗かいていたから仕方なし。
ヒガシは5番手くらい。キャプテンはやや落ち着きがなかったのもあってか8番手くらい。
最後はヒガシの圧勝。シェアは前々で踏ん張ったが4着。で残念。
ブラウンがインから差し込んで3着、キャプテンおいすがるも2着。

すべてがヒガシの勝利を示すことばかりだったので勝ってやっぱりかーという感じだった。
強風のサウスヴィグラス、底力のRibot、馬体、目の落ち着き。
調べるとRibot系Graustalkはダート系に強く大レースに強いらしい。
キャプテンはややうるさめで、馬体もまあいいけどという感じで雰囲気の差が大きかった。

今日は強風のせいか9Rとか10Rのタイムが月曜より2秒遅かったが、
終わってみればタイムは2069。風を考慮なら実質2050?
これは直近の東京ダービー馬のタイムの中ではかなりの好タイム。
JBCとかかしわでも条件揃えば上位に食い込めそうな予感だ。

馬券は結果的にカチカチで、これじゃ儲からないじゃない(笑
まあでもかしわ記念以来久しぶりに南関のパドックとかちゃんと見て
結果、的を得ていたということはフォトパドックやら調教映像見ていた効果があったらしい(笑

調子に乗って12Rは4-5の馬連とか買って、当初入れてた10番外したら10番入って
4番4着wま、馬体とか良くても実力差とかがあると負けますわな。
C2クラスじゃ実はそこまでパドックの差もなくて、拡大解釈しがちなのかもしれないけど。
南関でも前回との馬体の比較ができれば、もっと当たりそうな気がするな。

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。地方重賞も時々
競馬歴4年目に。試行錯誤中。

P R

CM