星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。思い込みの雲の向こうに星空が見える。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

東京ダービー 2018 回顧

回顧

最終:内7

ハセノパイロが最後伸びて勝利
的場さんも頑張ったけど、爆発力がないからなあ。
勝たせてあげたかったが、矢野も去年は羽田盃勝って、ダービーで2着。
リベンジに成功したわけですね。
矢野も苦労人だから、よく頑張った。

パイロとは言え、Tapitの血縁だし母系は大事ですね。
安田のアエロリットもラッキーライラックやミッキーアイルの血縁だし
大舞台では底力がきいてくる。
まあどちらも高速馬場で距離適性が短いほうが有利に働いたところもあるかもしれない。

3着はクロスケ
結局京浜盃の枠が悪くて善戦した組が羽田盃は枠が悪くて負けたクリスタルとクロスケが巻き返し
ハセノパイロはまたまたサトケン厩舎で仕上げがうまくいったようだ。

パドックはリコーもヤマノもいまいち覇気がなかったから嫌な予感はしたが
こういう時に中々軌道修正もできないもんです(笑
ユニバーサルライトはちょっとテンション高く、それでも直線まではいけるか?!
と思ったがやはり失速。馬体も思ったより小さく距離が応えたのかねえ。
まあまだ先があるはずなので、成長を待ちますか。

しかし母父ブライアンズタイム、父パイロこのあたりが近年はダービーに絡みますね。
わかるような分からないような、、
やはり南関種牡馬辞典的なものをまとめよう。ツールに手を加えないといけないのが大変ですが



記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。地方重賞も時々
競馬歴4年目に。試行錯誤中。

P R

CM