星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

阪急杯 回顧

回顧と言うか、気持ちの整理をつけるための反省です。
誰も読んでも得しないなこれ






先週は惨敗。
まあ自分の実力的にはこんなもんかといえばこんなもんかもしれないけど
久しぶりにパドック現地見て、調べてなかったレースだったがいつもの枠順とパドック気配と人気から3連単1点買いが当たって
これもなんなんだろうとw
調査の時間が別のレースの直感に生きるんでしょうか。

阪急杯。
ダイアナヘイローが粘れるとは全く思わず、2,3着には人気馬。
てことはダイアナヘイローを拾って、他を切れないと全然駄目だった。これでは厳しい。
4着はニシノラッシュだし、やり方を全部捨てなさいと言われているようなものだ。

ヒルノデイバローを本命にしたのはミス。
穴の枠位置だし、3着か4着になりやすいとこだから頭にしてはいけない。
12Rで津村の15番人気が来て、ああそうか・・と思いました(笑

そうするとダイアナヘイローをどうするかが消化不良。
まあ確かに枠位置的にここというのはあるんですけどねえ。
なのでモーニンを対抗にしたが、馬体がでかい。もう少し前に出せればと思ったが鞍上浜中J。
前回は岩田Jだった。パドック見ながら、浜中Jでモーニンを押せるのだろうか・・不安的中(笑

自分のブログを読み返してみると、ダイアナヘイローは牝系ローズサッシュ。
そういうことか。そういうことね。答えはまたも自分のブログに書いてあった(笑
それなら1400粘ってもおかしくない。
シルクロード大敗と北九州勝ちから夏1200向けなのかと思いこんでしまった。
シルクロードは最後まで走らなかったのがよかったんですな。
追い込んできたカラクレナイは今回走れてないし、牝馬の連戦激走はだいたい体力持たない。

どこまで武豊Jが考えたか不明だが、不良馬場で走りが悪くなったとこで大敗で目くらましというのは頭に閃いたかもしれないな。
俺なら考えるw
そしてそういうことができるジョッキーは誰だろうと漠然に思っていたが、あそこに居た(笑
重賞だけ一発勝てばいいと思ってる?ジョッキーは多そうだけど、こういうのは少ないんじゃないかしら。
もちろん次に繋がるレースをしようと考えてるジョッキーは多いけど、
結果が求められる時代にそんな事してたらすぐ交代だ。
なので中堅以下のポジションのジョッキーにはそんなことができない。
クラブ馬でもやりにくい。
他にこういうことをやりそうなのは東の田辺Jだが、他にも居ないか探しておきたいところ。

てことでダイアナヘイローが1400OKなら、今回の枠順からいっても軸でいいじゃん。
何も難しくなかった。終わったレースはいつもそう思う(爆
ま、実際は1400行ける?で半信半疑でいくしかないから、枠順有利で先行有利でいくしかないかな。
であれば予想は[ダイアナーモズーなんか]にするのが一番納得できる形だな。


中山記念

こちらはマイネルハニーが出遅れた時点で終了。
同じく出遅れのペルシアンナイトが5着までしかこれてないし、どう乗っても終了だった。
てことは調子が良くなかったのか、たまたまなのか。検討の余地がある。
オーストラリア遠征目指しているようだったから、ここ勝ち負けじゃないと遠征できんだろと安直に行って失敗。

ウインブライトもマルターズアポジーも重賞は勝ってはいるが、
そこまで強くない感があり、G1G2勝ちの4頭よりピンとこないなあと思っていたが揃って圏内
今気がついたが、どちらも福島記念勝ち。

昨日とぼとぼ帰る際に中山記念のパトロールビデオやってるのが目に入って見ていたが
3コーナーから一気に芝がハゲてるんですな。
それまではまだ残ってる。だからイン沿い走ってる馬は途中まではいい。
直線向いた時点で逃げ馬はラチ沿いの少しだけ残ってる芝の上走れるが、
先行追走のうまはハゲた部分を走るので厳しい
アエロリットはアポジーの後ろにギリギリまでピタリつけていた

そうすると直線向いた段階で2列目外側のうまは、すんなり芝の荒れてない内から4頭分くらい離れた境の部分を走れる。
3列目より後ろだとさらに外に持ち出すが、外だからと言ってもそこまで伸びない
これが先行馬が強い中山記念の原理。なんだなあと思った。

福島記念もコース形態は中山と近い。こういうコースの得意性が強いとこは
実績馬でも前に行ける馬かよほどのキレがある馬でないと勝てないってことですな。

あとは時間がなかったので配合も見てなかったが、
ウインブライトはノーザンテーストのクロスにジェイドロバリー
アエロリットはクロフネにネオユニ、ヌレイエフ。
なるほど。いわゆるこういうコースが得意そう。
知ってても当てれたか不明だが(笑

リプレイ見直すのは時間が食われるが、大事なことはたいてい面倒くさいと宮﨑駿も言ってますし
リプレイ見るしか無いなw見れば馬場も展開もなんかわかってくる。


総論


色々予想法はあるけど、総合能力×展開=レース結果 というのが最近の自分の中の結論
条件戦ほど、能力差が近いから展開できまる。
重賞ほど、能力差が大きいから能力で決まる。
総合能力を見るのに、血統、調教、タイム指数、馬体色々あるけど、これは能力をみるツールなわけだ。
だからここの精度だけ上げても当たらないんですね。
一方展開は馬場と騎手心理と枠順で決まってくる。ここは実際のレースを見て研究するしか無い。

アニメで人を描くには人を観察するのが好きじゃないと人を描けない。人が嫌いなアニメーターが増えてるから
オタクばかりになるんですよと宮崎先生も言ってます(笑

美味しいイチゴ(能力)が作れても売れないイチゴ(展開)は売れないんですね。
味の流行とか、値段設定、市場把握。
そういう数値に置き換えられないもの。いわば関数かなんかになっているもの。それがポイントなのかも。

ま、とにかく自分らしい予想を出すことに腐心しよう。それが結果につながってくる気がする。
なんか宮﨑駿氏の名言集探してたらそんなことを思った。



記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM