星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳

雑感

会社の人が別の社員としゃべってて、どうやら息子が勉強しないらしい
時期的に1学期の中間テストの時期だからテスト前なんだろう
母親的には息子は勉強しないとふんでるようで、口では勉強してると言ってるが
成績ボロボロだったらめちゃめちゃに言ってやろうと思ってるらしい
よくある話といえばよくある話 それを聞いてて箱の話を思い出した

詳しくは「自分の小さな『箱』から抜け出す方法 著:アービンジャー インスティチュート」をAMAZONでご購入ください(笑
箱とは何かというと自分の殻に閉じこもるみたいな感じ
主観的に見ればよいが客観的にみるとよくないことだったみたいな。

あの本では冒頭に別の会社の幹部候補で就任した主人公が、若手が前の会議で使ったホワイトボードを消していなかったことに対して
なんで消していなかったんだと一方的に怒ってこじれるシーンから始まるが
この場合も母親が子供に、勉強したって言ったのに何この成績は!
というシーンになりそうだ(笑

その結果どうなるかというと子供もうるさいなとなってチン
それは勉強したと言ったのにしていなかった事によるもので。
自分目線ではとても正しいことにしか見えないことだが
本の主人公も一歩引いてみたときに、果たしてこの行動が若手の創造力をあげることに貢献したのかと自問すると
全くの逆効果だったと反省する。

母「試験勉強したの?」
子供「勉強したぞ」
母「本当に?(実はしてないでしょう)」
テスト成績悪い
母「ほらやっぱり」

この流れは母の自尊心を高めるだけで子供には何の好結果も与えてない。
自分が内心思ったことを欺瞞してやらなかった時、
結果がそうなったら正当化することが箱理論。
本では自己欺瞞と言っていたか。
子供の成績が上がることを本当に望むのなら、その前の行動を変えないとおかしいわけだ。

本当に?のところで勉強教えるとか。
でも根本は勉強したの?と聞いてるところから、
子供の勉強姿勢に疑問を持っているわけだから、
そこから変えることになるか。

箱から出る。
すると、例えば「今回の試験範囲はどこなの?」とか
「分からないところはない?」みたいなやつだ
ま、突き詰めるとこれを小耳にはさんだ俺は、
そういうことしても子供のためにならないぞと言うべきだが
少し思案してやめてしまった俺も又箱に入ってる(笑
まあ常に人は箱に入りがち。


できるだけ箱に入らないようにすることが自分にとっても誰にとってもいい生き方のはず。
そう思って仕事やら競馬場やらで、こうしたらいいんじゃないと
困ってそうな人に口出ししたりするが強運は舞い込んでこないな(笑
運は向いてきていると思うけど。


で、これ予想にも生かせるではないかと
こないだの自分的盲点を消すには視点を増やすのが盲点を消す手っ取り早い方法。
探偵のシャーロックホームズも火村教授も金田一耕助も、
ワトソンやらアリスやらが可能性を列挙して盲点を消してきた。

となるとこの前のダービーでレイデオロ本命にした予想家でもいれば
参考になるかと思ってネト競馬で探したら居ない(爆
いや、いるのはいるが草野さんは普段予想出さないから今後の参考にならないし、
他は皐月賞の上りタイムが早いとかで選んでる
上りタイムっても中山得意のレイデオロで東京に変わるダービーじゃあてにならないじゃん。

他の視点、今のとこは自分の展開読みを発展させてしばらくやってみるか。
簡略して複数展開的な。
箱から出てれば見えてたかもしれない。アリスがいれば見えたかもしれない。
よし、朧げだが箱・アリス予想法を付け加えよう。
これは俺らしい気がするぞw

血統もまだまだ勉強が足りない。深いところは血統表見ながら勉強する必要がある。
展開読みも芝読みもまだまだだ。
実はダートもコース読みがあるはずなんだが、これはユニコーンSで考えるとしよう

芸術作品というのはただの自然の模倣ではない。そこに作者の視点がある。
俺も模倣から芸術作品になるように頑張らねば。
ダービーも仮に本命がレイデオロと出ていればそれは作品だ。

たとえ人気順であっても、それはたくさん売れてるカップヌードルみたいなもので
模倣品のヌードルと同じように見えるだけで実は何かが違う作品のはずなのだ。

と、無駄なこと書いてたら長くなったので安田の予想は別ページへ(爆

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴2年目。試行錯誤中。

P R

CM