星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

05/19 回顧

回顧というか、来週に向けて。。

出走表は今回はスマホに入れて見てみたが、これだと
細かいところに注意がいかず駄目だった。やはり印刷しないとだめか?
カラーじゃなくなるのが厳しいが。。
とにかく振り返り。色々調べたつもりで当たらずでは色々ツライ。


中伸び馬場で前有利

優駿牝馬
7-1。内7暫定
ペースはやや早い感じ。離し逃げだったので、後ろは普通のペースか。
ほぼ隊列どうりに着順も決定した感じ
アーモンドアイは中団につけても、あのキレ足を繰り出して楽勝。
これにはまいりました(笑
ミスプロ系なので、ためてのキレより惰性で流れてからの方がキレるわけですが
中団につけてできるんだからなんか違うんでしょうね。
負けるとするなら内枠引いて詰まった時なんでしょう。

あとは隊列そのままで、なだれ込んできた感じ。
馬場が軽いんでしょうね。スタミナはそこまで問われてない舞台だったようだ。
これで去年も今年もディープ牝馬は駄目で、ためて差し勝つ時代じゃなくなったかな
前につけて、そのまま押し勝つ。古馬戦のスローになりそうなレース以外は
気をつけないと。

丹沢S
内中孤。
傾向的に甲南S組と上総下総S組を狙うレース
だったのだが、調べが不十分なまま突入してしまい撃沈。
定量戦なら先行馬という頭だったがハンデ戦だし、うまくまとまらなかった。

結果的には定量戦の前走組が揃って入線。
準OPで掲示板繰り返してたトウカイエントリーとレッドサバス、
あとは直近で昇級した4歳馬のリヴェルディ、牝馬のビスカリア
リヴェルディは鳳雛Sで2着だし能力はありそうだった。

オリジナル出走表は着差ベースで色塗ってるのだが、
10着0.7秒でも色を付けてて、それが役立つときがあるが、
ここではそれが逆効果。ほとんど色塗られて意味不明だったw
なので、ここは改良しよう。

問題は指数が全体的に90-105付近にバラけてて、3桁が入ってくると俺の思考回路では
処理しきれない様子があるw
南関予想する時はちゃんとメモに対象馬書き出しつつ考えるのに
JRAでそれをやってないのが、不振の一端でもありそう。
頭だけで考えてたら漏れがあるのは当然ですわね。

フリーウェイS
内7
これは定量戦の1400だから基本先行馬から狙うレース。
ドーヴァー、ロワアブソリュー、距離短縮のフローレスとまではよかったが、
ショウナンナンセムは指数はあるが、内枠中山マイルの好走馬?と思って外したのが運のツキ
こういう思いつきはまず逆効果w

それでもラヴィングアンサーは狙えないなあと思ったが
いつも上がりが早いっぽいんですよね。
まあこれもカラフルな出走表になってしまって埋もれた恐れもあるけれど、、
上がりくらいは強調表示できそうだし改良してみよう

3R未勝利ダート2100
中外孤
これは12番人気のサクラトップスターが勝ったレース
こういうレースは意外に狙い目だったりするが、探知にひっかからず。

指数的に掲示板条件満たしそうなのは
タイセイカレッジとメモリーブレッドだけ
しかし後ろから行く馬。そうすると2戦目の馬に期待で
2戦目のペイストリーと1番人気のデルマとサクラで決着。
ダメ元でひろうか、パドック見てればわかったのか、コメント読めばわかったのか
ちょっと難しいけど。

平安S
中嵌
1番人気が弱いコースでキンカメの1番人気も不振のコースで
グレイトパールを切ったのはいいが、テイエムジンソクも飛ぶw
サンライズソアが逃げてしまうとは想定外。
イマイチ底力にかける配合だし、すんなり先行できないと駄目だが行ければ強い様子
指数的には武蔵野Sは高い数値だったのだが、スロー前残り印象だったので
評価下げたのは失敗だった

クイーンマンボは500万下で好時計があるとはいえ、プリンシアコメータは準OP好走があるし
と思ったのだが、、
まあ牝馬戦での勝ち方は尋常じゃなかったから、力はクイーンマンボの方が上だったのは確か。
JBCレディス出てたら勝ってただろうからなあ。ということを思い出す。。




記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM