星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

天皇賞秋 2016

天皇賞秋 2016

事前のオッズ一番人気予想はモーリス
モーリスと言えば今年の安田記念でロゴタイプに敗れ、その後距離延長して札幌記念でも2着だった
それが今回は天皇賞秋の2000mに出走して1番人気

なぜかと思い調べてみると、そもそも安田記念は香港マイルから戻ってきて
調整も散々であの内容だったということらしい。札幌も洋芝が合わなかったというところか
去年のマイルチャンピオンシップと安田記念は1着でその後香港マイルと香港でのチャンピオンズマイルも1着だったので
素養は高いということだろう。

しかしそれでも距離延長、と思ったが父はスクリーンヒーローで産駒には有馬記念を勝ったゴールドアクターがいる。
祖父はグラスワンダーなのでむしろ距離延長は望むところだろうか。
今年のイメージが微妙だったが、これは本命候補かと思いつつ
ふと思ったのがたまに種牡馬によってマイル型と中長距離型に分かれることがある。
これの原因は気性的にかかりやすいため1600くらいの距離じゃないと持たない馬が
2500くらいの距離だと最初から抑えていくので意外に行けるということなのではないだろうかと
逆に2000だと、その中間で自在に動けるほうがよく実は折り合いが一番難しいのが2000mだったり
まぁなんの根拠もないけどそんな事が頭をよぎった。
短距離は最初から行っちゃえばいいし、長距離はみんな最初は抑えてるから意外にいけて
2000の中距離は状況に合わせて動くことが多くなる。そんな仮説

もしそうだとしたら、調教でも併走を多めにしたりとじっくり行う必要がある
モーリスは吉田和美氏だが、香港から戻ってすぐ安田に出したくらいで、
馬の気持ちはお構いなしという感じだが、他のクラブ馬もそんな悠長なことはしなさそう
となると、じっくり調教してもいいという個人馬主の勝ち数が天皇賞秋は多いのでは?
と思って調べてみたら多かった(笑
パッと見ただけなので、他も調べないとダメだが天皇賞春の優勝はクラブ馬が多いのに
天皇賞秋は個人馬主が多い。
ただ単に2000のG1が少ないため、利益重視しそうなクラブ馬はあまり手を出さないだけかもしれないが
ちょっと気になるところなのでメモ。

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM