星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳

府中牝馬S 2017

米国イスラエルがユネスコ脱退と少しきな臭くなってきました
強硬派は敵が居ないとアピールできませんから
極右極左にしても敵を作っていくしかないんですな

日本は微妙な選挙だがある意味平和。
無駄に選挙に金かけるなら別のことに利用してくれればいいんだが。
カジノ法案より競馬を外国人にもっとアピールすれば十分だと思うけどね。
ま、そんなことより今週の競馬です(笑

土曜のメインは東京の府中牝馬S
芝1800のG2。エリ女の前哨戦。
実際はどうか知らんが、コース形態ともにあまりリンクはしてない気がするけど。

全頭調査

1枠1番 ヴィブロス ルメール 56
ディープにMachiavellian
Halo、ノーザンダンサーのクロス。良芝の方が強そうではある
秋華賞1着、ドバイターフ1着で思ったより強かった。
1800は得意そうだが東京は初。休みが長くてどうなるか。

2枠2番 ハッピーユニバンス 津村 54
ジャンポケにサンデー
ノーザンダンサーのクロス。普通かな
勝ち星はほとんど1800。前走勝ってOPへ。左回りはいいが坂コースはイマイチ

3枠3番 デンコウアンジュ 蛯名 54
メイショウサムソンにマリエンバード
ノーザンダンサーのクロス。トサミドリのクロスでなんか渋い
アルテミスS勝利、ヴィクトリアは久しぶりに連対。1800くらいが適距離

3枠4番 クイーンズリング デムーロ 56
マンハッタンカフェにAnabaa
ノーザンダンサーのクロス。Rivermanのクロスでキレ系?
京都牝馬、府中牝馬、エリ女勝利。香港はイマイチ
1400、1800、2200といかにもマンハッタンカフェだw

4枠5番 トーセンビクトリー 福永 54
キンカメにサンデー
ヌレイエフ、ノーザンダンサーのクロス。
中山牝馬S勝利、クイーンS2着。1800得意もコーナー4つ向けか

4枠6番 ゲッカコウ 柴田大 54
ロージズインメイにシンボリクリスエス
Princequillo、Halo、Seattle Slewのクロス。スピードより
フラワーC2着。その後2000を2勝してOPへ。コーナー4つ向けかね

5枠7番 アドマイヤリード 戸崎 56
ステイゴールドにNumerous
ノーザンダンサーのクロス。まあまあかな。
年明けてから好調。阪神牝馬2着、ヴィクトリア1着。
重得意。馬群を割れるのは強みだ。

5枠8番 ロッカフラベイビー 三浦 54
キンカメにジャンポケ
ヌレイエフにノーザンダンサーのクロス。キンカメの機動性は生かしにくそうだが
ジワジワ勝ち上がって最後は新潟。ジャンポケのしぶとい感が勝ってるか。

6枠9番 キンショーユキヒメ 内田 54
メイショウサムソンにサンデー
ノーザンダンサー、HailtoReason、ヴイミーのクロス。欧州系多い
2連勝でここへ。マーメイドSも4着で2000は得意そうとなれば小回り向きかも

6枠10番 クインズミラーグロ 武豊 54
マンハッタンカフェにInExcess
Hoist the Flag、Prince Johnのクロス。いかにもスピードのかかりが遅い感じ
牝馬G3で2着3着多数w東京1800勝ちもあるから、舞台は足りるはず。

7枠11番 クロコスミア 岩田 54
ステイゴールドにボストンハーバー
まあまあか。
1800以上の時計がかかるレースがいい感じ。

7枠12番 ワンブレスアウェイ 田辺 54
ステイゴールドにStormCat
ノーザンダンサーのクロス。持続力高め
初重賞参戦。案外東京マイルでも成績が良くて機動性のステイかな

8枠13番 アスカビレン 松田 54
ブラックタイドにスウェプト
Height of FashionとBurghclereがニアリー。道悪強いかも
六甲S勝ってて中京記念も4着。ペースが流れる混合戦に強そうだ。

8枠14番 バンゴール 柴山 54
キンカメにクロフネ
ノーザンダンサーのクロス。Mill Reefのクロス。差し系?道悪もいけそうだが。
東京1800はわりと得意。好位差しで地味に安定。

過去レース

府中1800のこのコース。この前の毎日王冠は1456くらいだったと思うが、
タイム差はほとんどない。今年は雨の影響がありそうで1470くらいまでかかってくるか。

2016 1:46.6 12.7-11.0-12.1-12.7-12.1-12.1-11.4-11.1-11.4 33.5
2015 1:46.3 12.5-11.4-11.4-12.0-11.9-12.0-11.5-11.6-12.0 33.9
2014 1:45.7 12.7-11.1-11.2-12.0-12.2-12.3-11.3-11.3-11.6 33.2

2015年は稍重だったが多頭数のため結構流れたレース。
それ以外は道中緩んで上り3F勝負戦となるが、稍重になってくると2015くらいの上りになって
前半はもう少しかかってくるかも。

ヴィブロス
リアルに続いてドバイ勝馬wただ秋華賞馬もその前はチューリップ賞、フラワーCと負けててよくわからん
国内戦がどうだったか見ておく。

1:47.9 12.6-12.2-12.6-12.9-11.1-11.6-11.6-11.3-11.7 34.4
ドバイのたたき台だったのは中山記念
7番手から5番手追走でそのまま5着。小頭数のスローで入って、後半5F戦となった
同じようなポジションのリアルにはこの時は勝ってて、位置取り的にはやや厳しいが粘ったのかなあと

1:58.6 12.4-10.5-12.9-12.2-11.9-12.6-11.7-11.4-11.3-11.7 33.4
その前がG1制覇となった秋華賞。
9番手の中団追走の形。京都のよくあるラスト4F戦となって上り33.4で勝利。
位置取りの差で順位上下があったような感じだが同世代馬では3本の1の実力はあったということか
下って平坦ならこれくらいは伸びてこれる馬

2:00.1 12.0-10.9-11.9-12.1-12.7-12.3-12.1-11.7-12.0-12.0 35.5
その前が紫苑S。2着。ラストのラップも上がってこない遅め平均戦。雨の影響でもあったのかな
後方スタートで上り35.5。レベルなのかなんなのかよくわからない一戦。

2:00.5 12.8-11.5-12.3-12.0-12.1-12.1-12.4-11.9-11.7-11.7 34.4
その前が中京500下の1800
枠的にイン中団。12秒前半のペースで流れてラスト3F戦。上り34.4で勝利。

ドバイの回顧をやっている方を参考にするとスロー目で流れて、ラスト3F勝負となった模様
だいたいパターンは似ている感じ。

ドバイと中京勝ってるから左回り1800は合うのだろう。
厳しい流れのレース経験がないが牝馬戦ならペース的に合いやすい。
それでも去年みたいに上り33秒台となってくるとキレが足りない感じもあるし
雨が降れば逆に強そうかなと。ローテ的にエリ女と思うが府中牝馬からのローテは好きじゃないので
こっち勝って本番チンの方が分かりやすいのは分かりやすい。

クイーンズリング
去年の勝ち馬。その後はイマイチだがどんな感じか

まずはヴィクトリアマイル
1:34.3 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 34.1
やや重で9番手追走からコーナーで3番手まで押し上げてる。
ラスト3Fでペースアップのラスト1F失速ラップで、仕掛けが早まって先行全滅の流れ
上位は中団か差し馬で決まった。
その前の年も上り34.2くらいで、マイル戦だとキレ落ちなのか

その前が阪神牝馬
1:36.5 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0 36.8
これも重馬場。先行2番手追走。やや流れた展開になってラスト失速。落鉄があった模様。

その前は香港カップだが負けてるのでいいかw
去年のエリ女。
2:12.9 12.5-11.2-12.8-12.7-12.6-12.6-12.5-11.9-11.5-11.2-11.4 33.2
ここは中団追走の流れ。スロー気味に流れてラスト33.2で差して勝利。

去年の府中牝馬
1:46.6 12.7-11.0-12.1-12.7-12.1-12.1-11.4-11.1-11.4 33.5
これは3番手追走で一旦緩むが、その後流れて直線勝負で上り33.5で勝利。

1400の勝利があるが、あとは1800、2200と中間距離で勝っているが
少ししまった流れに強いスタミナ系の印象だ。
1600、2000の明確にオンオフがあるレースより、じわっとした流れの1800、2200向きというか。

今年は重馬場で沈んでいるが、重馬場京都牝馬は勝ってて馬場の影響なのだろうか?
おそらくだが重馬場戦はだいたい直線前まで団子になるせいで前がふさがる事の影響ではないかと思う。
阪神牝馬とヴィクトリアは早め前に出しているが、前壁を見越したことによる失速、そんな感じを受ける。

雰囲気的に重馬場のペースは合いそうで、6枠付近引けば中団から差しでいいはず。
問題はデムーロ騎乗のままだから、重だと決まって早め先行になるからラストまた脚上がりそう。
ジワ乗りしそうな北村宏や田中勝に変わってみてほしいなあ(笑

アドマイヤリード
前走は案外だったがヴィクトリア勝利のアドマイヤリードはどうだろうか

1:46.6 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9 34.6
札幌クイーンSは大外枠で後方からのスタート。
上り34.6はまあまあのキレだが11秒台の早め平均のままのラップで届かずの6着。
展開的にどうにもならなかった感

稍重となったヴィクトリアマイル
1:33.9 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 33.4
やや後方からのスタート。ラスト3Fで早めペースアップ展開でうまく中割りして差し込んで勝利

1:34.6 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0 34.0
その前が重馬場の阪神牝馬。この時も大外枠で後方スタート
ペースは結構早めで先行崩れを差し込んで2着

その前は冬の京都で2連勝してOPまで上がっている。秋の京都は2着2回でスピード勝負は分が悪い
機動力を生かして勝ち上がってきた感じでヴィクトリアもうまく展開にはまったところがある
それでも馬群割ってしまえば勝てるということで馬場が渋ってくれば強い。
去年のローズSは重馬場で似た感じのラップだが結局7着
前が詰まるとこういう結果もあるわけで軸にはしにくいも重馬場なら直線でばらけやすいのでチャンスがある馬
逆に良馬場だと時計は足りないので難しいのかなと。馬場次第で単穴かどうかかな

クインズミラーグロ
牝馬戦ではここ最近安定した成績だが、勝ちきれない系なのかどっちだろうか

札幌クイーンS
1:46.3 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9 34.4
4枠で中団後ろから。早め平均のラップの中、コーナーでまくって上り34.4で3着に食い込んだ

1:59.6 12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5 34.7
その前が阪神マーメイドS
この時は5番手から。ラスト4Fからペースアップのラスト1F前バテ戦
好位を生かしてなだれ込むも前を行くマキシマムドパリはとらえきれず2着

1:46.9 12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2 35.2
その前が福島牝馬S
5枠で最後方からのスタート。これも平均ラップの前バテ戦。後方から追い上げるが
ちょい前に居たウキヨノカゼはとらえきれず3着となった。

小回りが多いので5走前の中京愛知杯
2:01.8 12.9-11.6-12.7-12.3-12.1-11.8-11.9-11.8-11.7-12.6 36.2
小雪の稍重馬場。
この時は先行。5Fからややペースアップでラスト1Fバテ戦。
勝ったのはマキシマムドパリだったが先行2番手のサンソブールはとらえきれず3着

決め手が弱く牝馬戦だと勝ちきれなくなる感じ。
去年秋に東京1800の条件戦をやっているのでそれを確認しておく。
上は1000万下勝った時。下は1600で負けた時の。
1:48.8 13.3-11.7-12.1-12.5-12.7-12.4-11.4-11.3-11.4 33.2
1:47.7 12.9-11.4-11.8-12.2-12.2-11.7-11.6-11.3-11.9 34.7

どちらも中枠、中団後ろから。勝ったレースはスローの3F勝負で上りも33.2と出せているが
負けた方はもう少し流れてラスト4Fペースアップの1Fバテ戦。
どうやら12秒前半ラップまで来ると最後のキレが34秒台になってしまうようだ。
牝馬重賞でもこれくらいのラップにはなるので、そこがキレ甘くなる要因か。

どちらかというと小回りより東京1800の方が直線競馬になりやすく前半スローになりそうだが
ラップはそれでも12秒前半で流れてくるので分が悪い。舞台はいいが相手関係的に厳しいと考えるのが妥当かな。

アスカビレン
牝馬戦とは別路線をきたアスカビレンを確認する。
1:32.3 12.5-10.9-11.2-11.2-11.3-11.5-11.6-11.4 33.9
前走は京成杯AH。やや後方よりでスタート。11秒前半の早い前傾ラップ戦で上り33.9で差して6着
その後方にいたトーセンデュークのキレにはかなわず抜かされたがまずまずというところ

その前が中京記念
1:33.9 12.4-11.1-11.2-11.6-12.1-11.3-11.3-12.2 34.9
この時は中団前より。ハイペースで緩んでハイペースの先行撃沈ラップで
自身もばてたが4着に残した。

その前がヴィクトリア。
1:34.7 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 34.4
先行3番手で進めたがラストは34.4となって10着だった

その前が勝った六甲S
1:34.2 12.8-11.6-11.8-11.9-11.6-11.2-11.3-12.0 33.8
後ろよりからスタートで流れる展開のラスト1Fバテ戦のところを33.8で差し込んで勝利

去年の府中牝馬
1:47.0 12.7-11.0-12.1-12.7-12.1-12.1-11.4-11.1-11.4 33.5
これは7番手追走で上り33.5の4着。道中緩んでラスト3F勝負戦だったが前も止まらず位置取りでそのままとなった。

1000下を勝った阪神三木特別
1:45.0 12.5-10.9-12.1-11.7-11.5-11.5-11.2-11.7-11.9 32.9
これは道中緩まず上り32.9で時計も上りも早かった。

成績的にあと一歩だが、混合戦でもそれなりの成績で流れる展開が向くタイプの模様
ただ持ち時計がある分、馬場が渋ってくると位置取りが難しくなってくるのと
ペースが流れてほしいというのはあるかな。
今の天気だと向かないが晴れてくるようだと押さえておきた一頭

クロコスミア
去年のローズS2着。札幌WSJで勝ってようやくOP入りだ。

WSJ2戦目
2:01.0 12.5-11.2-12.2-12.3-12.3-12.4-11.9-12.0-12.1-12.1 36.2
時計がかかりがちの芝で逃げ勝。あまり参考にならないw

クイーンS
1:46.5 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9 35.1
この時は3番手追走、最後抜かれて4着だった

函館北斗特別
1:45.7 12.5-11.5-11.7-11.7-11.7-11.6-11.6-11.4-12.0 35.0
開幕の早い馬場を逃げて勝利

まあ他をみても逃げ先行の前残り系かな。重馬場ローズSと阪神牝馬は2着4着だから
注意でもあるけれど、それなりに先行系もいるからここでは厳しいそうか
WSJは斤量56、58の定量戦だから逆にそれが残れたという感じで、全体時計がかかったほうが強いのはたしか。
雨量と状態によって取捨を考えたいところではあるかな。

ゲッカコウ
こちらも逃げ系w
前走レインボーS
2:01.4 12.9-12.2-12.8-12.4-12.7-12.4-11.8-11.3-11.3-11.6 34.2
前半スローのラスト4Fペースアップ戦をしのいでオープンへ

その前がWSJ2戦目で3番手追走の最後抜いての2着。

逃げとはいえ元々先行系。札幌TVh賞は6番手追走
1:46.6 12.6-10.9-11.3-11.2-11.4-11.7-12.1-12.3-12.6 35.6
上り35.6の4着まで。前傾ラップを少し前に迫ったが届かなかった

その前が松島特別
2:00.6 12.3-11.8-12.2-12.9-13.0-12.4-11.6-11.2-11.4-11.8 34.1
5番手追走。だいぶ緩んだ流れでラスト4F戦になったが、きっちり伸びて再昇級

これ以前も準OPで3-5着を繰り返しててしぶといのはしぶといタイプ。
フラワーCで2着で一気に準OPになったからようやく成長してきたとも見れなくもない。

1:47.0 12.6-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-11.4-11.0-11.5 33.4
年頭の東京初音Sでは9番手から上り33.4で4着に来ていたりする。
自在タイプの総合型といったところかな。その分詰めが甘くなって3着とかが増えそうだけど。
気になれば押さえてとなるが、重馬場の成績が今一つで今のところだと考えないで済みそうかな

デンコウアンジュ
アルテミスS以降勝ち星がないがヴィクトリアでは2着に食い込んだ

1:46.4 12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1 34.3
まずは前走エプソンC。10番手スタート。結構流れた展開でラスト1Fバテ戦。
上りは34.3の8着だった

1:34.1 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 33.2
その前が稍重ヴィクトリアでちょっと中緩みのあと3Fの上り勝負戦。33.2で2着に

1:47.2 12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2 36.5
その前が福島牝馬。遅めの平均ラップ戦で後方からで4着に

1:35.4 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0 34.9
重馬場阪神牝馬。これは中団からで7着。道中は緩まず平均的に流れた。

1:47.1 12.6-11.2-11.6-12.0-12.5-12.2-11.7-10.9-12.0 34.4
4着だったのが去年のローズS。これも重馬場で道中緩んで上り3F勝負戦。

エプソンCの感じから良馬場で時計勝負になってくると前に届かない
それが重馬場の牝馬戦くらいになって道中が緩んでくれると、前との差が自然と詰まるのかラストも脚を伸ばしてくる
秋華賞やエリ女でも上りは33秒台が出ているが中位までだし、おそらくそうなのかなと。
これだと府中牝馬は結構はまる可能性もありそうだ。
ただ最後伸びてくるときに空いたインを差し込めるのかとアドマイヤリードとかぶってくるし、
位置取りの差だけで変わってくる可能性もある。不器用で外回すしかないとなれば外していいんですがねえ

バンゴール
1800は全て掲示板というバンゴール。重賞でも通用するのだろうか。

1:33.9 13.1-11.4-11.5-12.2-11.9-11.6-10.8-11.4 33.2
前走は新潟マイルの長岡S 3番手先行で抜け出し33.2で勝利。
最終新潟だしこんなとこでしょうか。

その前がマーメイドS
2:00.0 12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5 35.0
9番手で追走で向こう正面で2つ順位をあげる。ちょっと緩んで早めスパート戦でラストはそのまま7位。

1:46.4 12.6-11.0-11.5-11.9-11.8-11.9-12.0-11.9-11.5 33.8
京都パールSは8番手。平均ペースで流れて最後は4着

1:48.0 12.8-11.3-12.0-12.6-12.4-12.4-11.5-11.3-11.7 34.0
東京TV山梨杯。7番手からで道中緩んで上り3F勝負となったが34.0の上りで勝利。

1:48.0 12.9-11.7-12.1-12.4-12.5-12.6-11.5-10.8-11.5 33.2
東京石和特別。小頭数で中団。これも道中緩んで上り3F33.2で勝利。

1:49.1 13.3-11.7-12.1-12.5-12.7-12.4-11.4-11.3-11.4 33.7
やや重の山中湖特別。これも道中緩んで上り33.7の4着。

ひとまず道中緩んでいればラストは上り33秒台が出せる馬。
京都のパールSを見ると流れてくると終いは少し物足りなくなる感じがある。
東京だと34秒ちょいくらいだろうか。マーメイドが初重賞とすればまあまあやれた感じになるが
これくらい流れてくるとややキレ落ちのようだ。調布特別で1462の2着に入っているがこの時も上りは34.3
得意舞台ではあるがちょっと時計が足りないかもというところかな

ワンブレスアウェイ
準OPで2連勝して足元固めた上り馬ワンブレスはどうか

1:47.2 12.5-11.2-12.9-12.5-12.0-11.6-11.5-11.2-11.8 34.4
前走は福島阿武隈S。3番手追走から抜け出して勝利。途中緩んで上り4F戦を抜け出した

1:49.0 12.8-12.6-12.8-12.6-11.7-12.0-11.8-11.1-11.6 34.3
その前が中山スピカS。これも2番手先行、前半ゆったりから後半ペースアップ戦でこれも勝利

1:46.9 12.6-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-11.4-11.0-11.5 33.9
その前が東京初音S。これも先行、フロンテアクイーンの強襲にあって2着。
先行系である程度前で踏ん張れるタイプかな。

1:35.1 12.4-11.3-11.7-11.8-12.0-11.4-11.6-12.6 33.9
2着に沈んだ東京マイル戦。これは道中12秒まででそこそこ流れたレース。上りは33.9

例年の流れまでいくとちょっと厳しくなりそうだが、スロー気味にながれてくれれば
先行抜け出しで上位には食い込めるかもというところ。

追切12頭。

アスカビレン。栗東坂路単走。まあまあいいかな。
アドマイヤリード。栗東坂路併走。後ろに置いてだが、動きはやや堅い。
ヴィブロス。栗東坂路単走。悪くはない動き。
クインズミラーグロ。美浦P単走。やや硬い動き。
クイーンズリング。栗東坂路単走。軽めだがさすがにこれは・・?
クロコスミア。栗東坂路単走。まあまあかな。

ゲッカコウ。美浦ウッド単走。動きは最後だけよい。
デンコウアンジュ。栗東坂路単走。まあまあ。
トーセンビクトリー。栗東坂路単走。ちょっと首は高い。
バンゴール。美穂ウッド併走内。まあいいかな。
ロッカフラ。美浦ウッド併走内。キリだしよくみえないwまあまあぽい。
ワンブレス。美浦ウッド併走内。キリ。こちらはまあよさそうね。

キンショーユキヒメ。タイムは前回同様。時計は早い。
ハッピーユニバンス。タイムはいい感じ。好調キープくらい。

馬体写真はなかった。

んーよりによって変な枠順にw
例年重賞連対経験馬とかが上に来るようだが、今年はOP昇格組が6頭。
しかも経験馬の調教がイマイチとなると、昇格馬でも軸でもいいのでは。
世代交代の年と考えたい(笑

不安があるが12ワンブレスを軸とする。
内枠有利のこのコースもOP以上となると1678枠ばかりが強くなる。
先行系では指数トップだし、なんとかならないかw

対抗は1ヴィブロス。まだ重いところもないとも言えないが枠的にも拾っておく必要あり
単穴は7アドマイヤ。坂路で前に置く調教であれがいいのかどうか判定不能w
あとは連下で14バンゴール。9キンショー。11クロコ
3クイーンズリングはあの走りだと買えないw

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴2年目。試行錯誤中。

P R

CM