星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

目黒記念 2018

んー予想より雨が早く降り出して大井記念はショック
まあ俺のユーロビートとウマノジョーは4,5着に来たからそこまで予想はずれてはないけど
むしろ最終R買い方失敗して、初の大台馬券だったのに取りそこねたのがショック(笑
とほほー


さて、目黒記念
傾向といってもハンデ戦でよくわからないし、と思って過去の出走表見ていたら
斤量との関係が気になったので、それをまとめる。



斤量51
コウキチョウサン(東京1000万下勝ち。着差無し)

斤量52
トウシンモンステラ(アルゼンチン6着。昇級はずいぶん昔)
リッジマン(ダイヤモンド2着、東京OP8着)

斤量54
・ウインテンダネス(東京準OP勝ち。着差0.3)
ソールインパクト(ダイヤモンド3着、昨年準OP3着)
ハッピーモーメント(昨年3着、東京OP6着)
ブライトバローズ(東京準OP勝ち。着差なし)
ホウオウドリーム(阪神準OP勝ち。東京OP7着)
ヴォージュ(東京芝2000準OP勝ち。福島OP4着)

斤量55
ノーブルマーズ(東京OP2着、日経賞8着)
ポポカテペトル(菊花賞3着、京都準OP勝ち。東京準OP5着)

斤量56
・チェスナットコート(春天5着、日経賞2着)
パフォーマプロミス(日経新春杯1着、中山準OP勝ち)
ロードヴァンドール(日経賞4着、日経新春杯2着)

斤量57超
ゼーヴィント57.5(日経賞6着)
サウンズオブアース58(JC12着、有馬記念7着)
フェイムゲーム59(ダイヤモンド1着、昨年1着)


ハンデ戦の斤量の付け方だが過去を見ると、おおむね
準OP勝ちで54
OP勝ちで55
G3好走で56
G2好走で57
G1好走で58
という感じになっている。
そこから何を見るかというと、準OP勝っても重賞狙える器の馬なら54kgは得だということ。
逆にG1級で58ならそれも得というところ。
これが例年トップハンデ馬と54kg台の馬がやってくる理論だと思う。

また、ハンデ戦なので、実績馬が集まれば集まるほど、準OP勝ちの馬は54より重いのは
つけられなくなって有利だし、逆に実績馬少数なら、準OPでも差を付けてくるかもしれない。

細かい所はさらに左回り実績とか見て消していくことになるが、
斤量51、52グループはいいでしょう多分。
元の力差がある場合は100のちからが100になるだけなので

斤量54グループ
ここは東京勝ち上がってきたのが信頼度高いですね。なのでウインテンダネス
着差つけて勝利で時計もいいし、OPでも好走できそう。ならば54はお得w
アルゼンチン好走のソールインパクトは微妙なとこで、準OP勝ってない。
その後成長した可能性もあるが、なんとも言えないところ。

斤量55
ノーブルマーズはOPで2着。なので妥当な斤量。
菊花のポポカテペトルは東京準OP勝ちきれてなく、適正が低く損だ。

斤量56
チェスナットコート。春天5着でこれならお得。東京でどうか確認は必要
パフォーマは妥当な斤量。東京でどうか
ロードはダイワメジャーの逃げ馬で舞台が厳しい。

斤量57超
ここは難しい。フェイムゲームが去年より増えてどうかてところですかね。


記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM