星を見る者

読むんじゃない、見るんだ。 競馬初心者のメモ帳もとい競馬探偵の調査資料

JC 2017 回顧


タイム2237
13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0
前36.4-後35.1のややスロー



内中伸び
逃げはキタサンブラック。
あれ?すんなりゲート出た(笑
ギニョール、ディサイファ、ワンアンドオンリーも前へ

コーナーは団子気味になって外側の枠の馬は絶望的に。
内側の前に付けていたシュヴァルグランは最後伸びてきて、
そのもう一列くらい後ろにいたレイデオロも追い上げるが届かずの2着
ラストはキタサンも粘って3着

それ以下は差があって、外目の不利ながらもマカヒキとアイダホが入って
外国馬も賞金ゲットw

土曜日の時計が早めだったから気にしていたが、今日の1800?のレースも1480台
これは早いレースになる予感。
持ちタイムが早そうなのと適距離が少し足りない馬でもいいやと思って
マカヒキ、シュヴァルグランの単複買い増して少しだけ回収できたw

そしたらやはり少し早い時計に。
しかもインは全然余裕だし、1,2枠決着の有様。
まあ内枠決着になるかとは思っていたけど・・

ソウルスターリングは返し馬でも落ち着いてないし、よくなかった。
キタサンはまた王者の風格というか、場慣れの雰囲気。
シュヴァルはよくわからんが、人気がやや落ちでの一発というハーツにありがちなパターン
レイデオロは個人的には距離が長かったんじゃないかと思うが
出たなりキンカメというとこで、早いくらいの時計の方がよかったんでしょうかね。
スローの瞬発力は多分ないはずだし。

なんとなく皐月賞の時みたいに早くなるかなという予感はあったけど
そこをもう少し詰めておくべきだったかな。

京阪杯の方はネロがスプリンターズ出てたの失念してて調査から漏れてるし
逃げたら残りやすい傾向なだけに残ってしまった(笑
ビップライブリーはスワンは馬場得だと思ってたらまた差し込んで来たw
セイウンコウセイは前に出したが、最後失速。0.2差だからコースの差かもしれん

京阪杯の方は少し調査不足なところがあったので
そこは仕方ないとして、この秋開催通してみると馬場を読むのが重要度高いなと。
展開読んでも当たらないから、さぼりがちだったが、
展開考えると自然と馬場も気にするので、展開は考えたほうがいいかな。
重賞クラスだけでいいかとは思うが・・。
条件戦クラスだと能力差が大きいのでそっちのほうが重要ぽいし。

ただ、馬場の把握は難しい。判断とする重賞の前の条件戦で判断しないと
ダメだが、条件戦なので勝った馬のレベル感を把握してないと単純にどうかわからんしw
あるていど時計面はそれでもわかるんだが、どこが伸びてるかは映像みるしかないのかねえ。

少しずついろいろと見えては来ているが課題は多いなあ。

記事を読んで参考になればポチどうぞ。

最強競馬ブログランキングへ

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
じょに。
性別:
非公開
自己紹介:
競馬探偵を目指すじょに。の捜査メモw

南関重賞とJRA重賞がメインです。
競馬歴3年目に。試行錯誤中。

P R

CM